保険営業マンから見る不動産

敷金の支払いを少なくすることはメリットになるのか

引越しをして新しい部屋を見つけ暮らしていくときには賃貸契約を結び自分が住む部屋を確保しないといけません。賃貸契約に慣れている人はいいのですが、一人暮らしは初めてといった人では賃貸契約で必要になる費用の重要性というものがわからないかもしれません。得に敷金は初期の負担費用としては大部分を占めることもありますので敷金とはどのような費用なのかを知っておくようにして下さい。

賃貸契約の時にはまずは最初の1か月分の家賃と、敷金、礼金、手数料といった費用をまとめて支払わないといけません。敷金や礼金は家賃の何か月分という費用が必要になりますので少しでも安くできればそれだけ初期に支払わないといけない負担を軽くすることができます。

敷金は最初に払う金額を安くすることがメリットになるのかといわれると一概にはメリットとは言えません。敷金は退去の時に戻ってくる可能性があるからです。退去の時に原状回復での修理などにお金がかからなかったときには最初に支払った敷金全額払い戻しということもできます。敷金を取り戻すためには部屋を傷つけず暮らしていく必要があります。初期に払った大量の敷金を取り戻したいなら部屋を大切にしていくようにしましょう。


Posted by: admin | Category: 土地・建物 | Comments (0)
© 保険営業マンから見る不動産 | 'LadyWorld' Wordpress Theme designed by ATILLUS